8月
30

FireAuthを使って開発をしていて、いざCSSの調整に入ろうとしてiPhoneからMacのIP:3000にアクセスすると、Authでログインするために承認済みドメインに追加してくれと言われる。

いままで全く意識してなかったけれども、FirebaseAuthの管理画面にいくとちゃんとlocalhostとFirebaseHostingで使われているドメインが追加されていた。

なのでそこに現在のMacのIPアドレスを追加すると、ちゃんとログインできるようになる。

About the Author

Leave a Reply